てんちょ。ギャラリー

ファイナルラップ店長の模型ギャラリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「S.A.F.S. ブーメランズ」

 ファイナルラップ2011年春コンの「お題」がMa.K.(マシーネン・クリーガー)大会でしたので、ウェーブさん製「S.A.F.S.」にて参加いたしました。

題して「S.A.F.S. ブーメランズ」。

DVC00176.jpg


 味のあるニットー版もよいですが、新規キットとなりますウェーブさん製もすこぶる好キットでして、スナップフィット方式でさくさく組みあがってくれるのはもはや快感でございます。カタチにするだけならテレビを見ながらでもいけそうなライトさです。
 ただ今回自分にしてはハードルが高い(と思われる)筆塗りをメインにして仕上げようって思ってましたのでそこが何よりの懸案でした・・・。まぁそこ辺りはおいおいと。


DVC00161.jpg


↑画像が少々ピンボケで申し訳ありませんですが、
各パーツを接着後表面処理していっている画像です。
かつてのニットー版を経験しているとウェーブ版はまさに「神」キットですが、それでも一部合いの悪いかなって部分とかヒケ部分をやすっていきます。・・・もしかしたらマシーネンはそれも気にしないでもいいのかもしれませんが、これはもう個人的な好みですね。

DVC00165.jpg


で表面処理完成後、透け防止も兼ねてガイアノーツさんの「サーフェイサーエヴォ・ブラック」を塗布した後にベース色たるマホガニーを塗っていきます。ほんというとガイアさんの新製品の「サーフェイサーエヴォ・オキサイドレッド」を塗りたかったのですが数日発売に間に合いませんでした(涙)
画像的には黒く写っちゃってますが、それでも各パーツに重厚感は出てきますね。今回エアブラシ作業はここまでで、この後は慣れない筆塗り作業へ・・・(笑)



DVC00170.jpg


今回カラーリングをどうしようかずっと当初から悩みっぱなしだったのですが、在庫棚よりニットー版の「A.F.S.」を発見、そこに同梱されてましたカラーガイドファイル?みたいなものから「ブーメランズ」小隊のカラーをイメージして塗装していこうと思いました。もちろんS.A.F.S.カラーが載っていた訳ではありませんのでまったくのデッチアゲでございます。
基本はサンドカラーの2色ながら、ガイアノーツさんのダークイエローとインテリアホワイト・ニュートラルグレーの3色を用いまして、混合比をかえて濃淡2色を作っています。
上記画像はその1色目。エアブラシ塗装が可能なほどに薄めたカラーを細筆でちょいちょい塗っていきます。かすれようが塗り残しがあろうがお構い無しに全体に塗っていきまして、筆ムラ・ツヤムラが出てもまったく気にすることなく少しずつ色味を発色させていきます。
・・・実は筆塗りに際し本当に攻めあぐねていたのですが、この辺りになるとすごく楽しくなってきましたですね。

DVC00172.jpg


熱中すると写真を撮るのを忘れてしまう悪いクセが出てしまってすみません。
すでに濃い方の色が乗って、汚しまで入っちゃってますね(汗)
濃い方も同じくエアブラシ濃度くらいまで薄めたものをぺたぺた塗っていきます。ボカシ部分は細筆で書き込んでいきまして、その後さらに薄めた塗料でその辺りをなぞってやります。油彩絵の具ならばブレンディングしてやると良いと思いますが、いわゆるラッカー系でという方はこちらの方がおすすめですね。

DVC00173.jpg


おおよその基本塗装が完了いたしましたら、いよいよ汚し作業に入っていきます。今回はチッピングとも言われる手法を使って汚していきます。

実は今回これに備えるという意味で、塗装前にキットのエッジなどを集中的に「金ヤスリ」で「叩いて」います。基本ダメージは前から後ろというイメージを持ちながら叩いてはその瞬間にぐっと後ろに持っていく・・・というような言葉では至極表現の難しいダメージ跡をつけていってます。
といいますのも、汚れやサビというものは何にも無いつるっとした面からはあまり出ないというイメージがありまして、チッピングの際その色を置いていく「目印」が欲しいのですよね。
もしS.A.F.S.が実在するとして作戦に参加した際どんなキズがついていくのかをイメージしながら金ヤスリで叩き、それで出来た傷にチッピングの色を置いていきます。
また人間はほんとにイレギュラーを演出することが苦手だなって思いますが、それでもなるべく均一・ワンパターン化しないようにしていくのも肝要かと思います。

チッピングに関しましては今回黒っぽいグレー・やや明るいグレー・シルバーを使ってます(すべてラッカー系)。基本は黒っぽいグレーを置いて、その真ん中辺りにやや明るいグレー、その更に中央辺りにちょこっとシルバーを塗ってやります。物理的には塗料は盛り上がっていくのですが、色味のマジックで塗装が剥がれて下地が出てきているように見えてしまうから不思議です。
そのあとマホガニーとオレンジを混ぜたサビ色をこれまたラッカー系で作って、かなり薄めてチッピングの外周辺りに塗っていきます。その際重力を意識して垂れたような置き方が出来たらベストなのではないでしょうか?

以上をすべてラッカー系の筆塗りでいきまして、この後いよいよエナメル系塗料によりますスミ入れ・ウォッシングに入ります。ブラック・グレー・ブラウン・オレンジなどを筆も適当に使いまわして(笑)全体を塗っていき、そこそこ乾燥したらエナメル溶剤を染み込ませた綿棒で基本上下にふき取っていきます。
ほとんどふき取ってもなんとなく一層残る、というのがスミ入れ作業の楽しいところで、これにより先程のチッピングが馴染んでくる(←何より自分の目に)のが素晴らしいですね。

この後でデカールを貼ってやります。今回はほぼ30年前のA.F.S.のデカールを使ったため、お湯を使ってもなかなか台紙から剥がれてくれず難儀いたしました・・・。途中から使えるものはウェーブさんのスネークアイの残りを使いましたらその作業スピードの早いこと早いこと。ありがたいものです。

いつもならこの後でクリアーコート作業なのですが、デカールを貼ったままのS.A.F.S.を見てますと「このままこそがマシーネンかな」と何か納得するところがありまして、今回はわざと筆ムラ・ツヤムラ・デカールの段差などをそのままでゴールとさせていただいてます。
何かと攻めあぐねました今回のS.A.F.S.ですが、終わってみたらすごく楽しい作業でしたのでまた機会がありましたらまた製作したいです~。

DVC00180.jpg
DVC00179.jpg
DVC00178.jpg
DVC00177.jpg

スポンサーサイト
Ma.K. |

[


未分類 |

ランボルギーニ・カウンタックLP500R

すでに何台目かわからなくなってしまってますアオシマさん製1/24スケールのカウンタックです。
今回は「スーパーカーブーム」を通り過ぎた世代にはたまらないLP500Rをめちゃめちゃ短期間で製作いたしました
(うーん2週間くらい?)

カウンタックLP500R 1

ボディカラーがイエローやレッドもカウンタックとしてかっこいいですが
ブラックをメインカラーとしつつも鮮やかにホワイトのラインが走るこの仕様もかっこいいですね~!
ブラック・ホワイトというこの明度差がこれだけぴったりくるクルマもめずらしいと思います。
・・・ただ シルバーと並んでキズが見えやすいブラックはカーモデルの鬼門とも言われてますので
表面処理を頑張ってやらないといけませんね(汗)


カウンタックLP500R 2


という訳で
ボディ全体に耐水ペーパーをかけていきます。
最近のプラの質が良いというのもありますが、基本600番にて作業をしていきます。
LP400の時にも書きましたが、パーティングラインやゲート跡はもちろんのことちょっとしたヒケやうねりも光沢仕上げの妨げになっちゃいますので丁寧に且つしっかりと、でも優しくペーパーがけしていきます。
上段画像は600番終了後800番までかけた状態です。ペーパーがけのキズも見えるとは思いますが、各面が平滑になっているのがわかっていただけるかと思います。ペーパーがけで出来た細かいキズはこれからのサーフェイサー吹きで消えてくれますのでご安心を。

 今回完成までの時間があまり取れないということもあり、成型色のブラックの上にガイアノーツさんのサーフェイサーエヴォブラックを吹き、その後でブラックを吹きます。
 賢明な方はおわかりですね~。今後の研ぎ出し作業などでもし削り過ぎが発覚しても誰も気が付かない仕様としています(笑)

でさて
基本塗装完了後 デカールを貼ってクリアーを吹いた状態が下画像。
カウンタックLP500R 3


 今回ほんとに時間が無かったのでいきなりほぼフィニッシュ画像ですが(汗)
細いホワイトのラインデカールをカウンタックの複雑なボディに貼っていくのは骨が折れました・・・。
グロスの表面に貼ってはいるのですが細いデカールの位置決めをやっているうちに糊っ気がなくなってきちゃってシルバリングを起こしたりもしましたね。
 とにもかくにもその辺りを力技も含めて押さえ込みながらクレオスさんのスーパークリアー3を吹いてドライブースに入れて乾燥させてやります。
 上の画像はほぼクリアー層が乾燥した状態。ツヤはあるものの溶剤分が乾燥で抜けて「梨地」になっているのがわかるかと思います。この後耐水ペーパーの2000番、クレオスさんのラプロスシリーズを最終的に8000番までかけて「梨地」を消してやります。
 そしてタミヤ製コンパウンド3種、ハセガワさんのセラミックコンパウンド・コーティングポリマーを使って「濡れたようなツヤ」を復活させていきます。今回は特にセラミックコンパウンドに助けてもらった気がしますね。

カウンタックLP500R 4


駆け足で申し訳ありませんがこれが完成画像です。
完成予想(イメージ)はありましたものの、やはり自分の手の中でつややかなボディのカウンタックが完成すると本当に嬉しいものです。途中大変な思いをするのにまた作りたくなるのはその辺りが要因なのでしょうね。
次はアニバーサリーなのでしょうか?(笑)
カーモデル |

ランボルギーニ・カウンタックLP400

DVC00389.jpg
・・・本当は「クンタッシ」という発音が正しいとも言いますが、あの「スーパーカーブーム」を通り過ぎた者にとりましたら永遠にこのカタチは「カウンタック」でありましょう(笑)

アオシマさんの新金型新製品「1/24スケール ランボルギーニ・カウンタックLP400」を製作いたしました。
実は訳アリでアオシマ製カウンタックは数台組んでおりますが、そのパーツ精度・組み易さ、そして何より「カウンタック」らしいシルエットは素晴らしいの一言に尽きます。
模型誌等でも触れられていますが、カウンタック特有の超細いAピラーを保護するパーツが付属していたり、シャーシにボディを乗せた後でサイドパネルをつけられる工夫があったりと至れり尽くせりでございます。

DVC00390.jpg
「カーモデルはツヤが命」という言葉がありまして、リアルかどうかは別にして(汗)全力を挙げてツヤを出す工程に燃えます(笑)
実は最後にクリアーを吹くという行為だけでは鏡のような輝きを出せません。まずはボディの整面からかっちりとやっていきます。パーティングライン・ヒケ・うねり・・・そのすべてが綺麗な輝きの邪魔になりますので丁寧にペーパーがけしていきます。とは言ってもサフを吹きますのでペーパーがけは800番~1000番まで。
サフを吹いてしっかり乾燥したらここでも1500~2000番くらいのペーパーをあててそれからの基本塗装に備えます。作業が成功していたらこのサフ研ぎ状態で光ってきます。
今回はクレオスさんの新4番イエローを吹いてますが、イエローほど下地の影響を受けるものも珍しいので自分で混色したクリーム色を先に吹いておいて下地色としています。
焦らず少しずつイエローを重ねていって十分に発色したら基本塗装は完了、その後クレオスさんのスーパークリア3を重ねていきます。個人的にはかなりシャパシャパに薄めてクリアーを吹きますが、各面のフチにクリアーが溜まらない注意が必要です。

DVC00395.jpg
クリアーを十分に乾燥させたらいよいよ「研ぎ出し」作業に入っていきます。
まずは2000番の耐水ペーパーを使ってクリアー面を整えます。ペーパーのキズはつきますがここで面を平らにしてやる訳ですね。
その後クレオスさんのラプロス6000・8000番を用いてそのキズを小さくし、そしてタミヤさん製コンパウンド3種「粗目」「細目」「仕上げ目」で磨いていきます。ここまでくればもうかなりツヤが出てきているハズ。
そしてその後ハセガワさんの「セラミックコンパウンド」で更に研ぎまして(こちらは油分を含まないので先のコンパウンドの油分を落としてくれる役割もあります)、「コーティングポリマー」で研ぎ作業は完了。「コーティングポリマー」はコンパウンドではなくキズに入り込んで埋めていく性質を持っているので最後に残った微細なキズを消してくれます。なもので透明パーツを磨く時にも大活躍してくれます。

そのあとドア枠やピラーまわりの塗装をして工作・塗装作業が完了したら、一番最後にタミヤ製「モデリングワックス」をボディに塗布していきます。文字通りワックスですのでこれ以降の塗装は出来なくなりますが、静電気によるホコリ付着を防いでくれますし、何よりフィニッシュとして最高のツヤと輝きを与えてくれます。
上手くいけば光源の蛍光灯の文字がボディのツヤを通して見ることが出来ます。ある意味ルーチンワークの多い「研ぎ出し」作業ですが、このツヤを見るとまた作りたくなっちゃうのですよね。


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

カーモデル | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/100スケール ケルディムガンダム

DVC00392.jpg
ほんと久しぶりに完成となりましたガンプラ、「ダブルオー」より1/100スケール「ケルディムガンダム」です。
ややもすると閉塞感すら漂っていた(と思う)ガンダムワールドに新風を吹き込んでくれた作品が「ダブルオー」ですね。「GNドライヴ」という新しい概念を得たガンダム達はそのデザインも個性的で、デザイン画が発表された際は皆が快哉を上げたとは言いにくいかもしれません。
かく言う私も「ケルディム」のデザイン画を初めて見たときは足首まわりのデザインに引いちゃいましたが(汗)、GNドライヴを持つため狙撃タイプのケルディムは「歩行」の必要が無いという設定と、何より2代目ロックオンの生き様とかっこよさにしびれまくりまして(笑)気が付いたらケルディムガンダムが大好きになっておりました。

DVC00391.jpg
そのままでも良く出来たキットですので基本的に素組みです。
少し気になったところだけ手を入れてあります。
まずは頭部。クラビカルアンテナは派手にしたかったのでプラ板にて作り直してやや大型化。額のアンテナは設定よりも「V」をきつくしたかったので切り離して角度を付けて再接着しています。
胸部のアーマーは少々小さくて「アーマー感」に欠けるように思いましたのでプラ板を貼って幅アップしてます。アーマーから出ているフレーム(?)的なグレーの部分はプラ板から作り直し。
ふんどし~フロントアーマーの部分は設定画を見たらあまり高さの差が無いように見えますのでふんどし部分を後ろに下げて様子見してあります。フロントアーマー自体は接続をボールジョイント化して可動領域の拡大を図っております。
DVC00393.jpg
ヒザ裏辺りは合わせ目がむき出しになっちゃうのでエバーグリーンプラ材でフタをしてあります。
かかと部分の射撃時のロック機構的な部分が肉抜き穴とかがありますのでそこを埋め、またいかにもロックするのだよとばかりに三角プラ材を貼り込んでギザギザ仕上げとしてあります。

DVC00394.jpg
塗装に関しましてはサフを吹いたあと透け防止に全体にブラックを塗装→かなり暗いグリーンを塗装してその後基本色塗装に入ってます。
生で見ないとわからないくらい微妙なグラデーションを残すため基本クレオス製Mr.カラー・ガンダムカラーを使用しています。
「ケルディムガンダムカラーセット」もいい色でしたが、メインのグリーンがかなりイメージと違いましたのでこのグリーンのみは自分で調色して納得しています。
各透明パーツはすべて「透明(クリアー)」で成型されておりましてクリアーカラーで塗ってやる必要がありますが、ここのコツは「焦らない」こと。一度に塗ろうとすると垂れちゃったり色ムラが出るかもなので、薄く何度も重ねて塗っていくと綺麗な塗装面が出来上がります(エアブラシなら3~4回くらい)。
ガンプラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。